外壁塗装

外壁塗装は雨風や直射日光からお住まいを守ってくれています。
「外壁にひび割れがある」
「塗膜が剝がれている」
などといったことがあれば、すぐに当社にご連絡ください。

そのまま放っておくと、内部に水分が浸入してしまい、大切なお住まいを腐らせてしまうことに…。
いつまでも快適な暮らしを実現するために、10年程を目安にお住まいの外壁塗装を行いましょう。
当社では外壁の劣化具合を見極め、べストな施工をいたします。

■このような症状はありませんか? (外壁塗装)

外壁の塗り替えのタイミングは10年ごとと言われています。
ですが、建物の立地条件や施工法、建材によっては塗装の寿命が早まるケースも…。

お住まいの外壁の状態を一度チェックしてみてください。
下記のような症状を発見したら、塗り替え時期がきています。

○ひび割れ
一見、何事もないように見える外壁でも、よく見ると無数のひびが入っていることが。
ひび割れから水分が建物内部に浸入し、大切なお住まいを腐らせる原因になります。

○白い粉が付着する
手に白い粉がつくのは、塗料が劣化している証拠。
外壁を保護する力が失われています。

○コケ、藻の発生
日当たりの悪い場所や湿気の多い場所を確かめてみてください。
この症状が起きていれば、既に防水効果が切れています。

○目地やサッシのコーキングが痩せている・ちぎれている
コーキングの打ち替えを行うことで、建物の気密性が維持されます。
僅かな隙間でも見逃しません。

■このようなところはお任せください (外構塗装)

○玄関扉
○雨戸
○門塀・門扉・門柱
○フェンス
○ウッドデッキ・テラス ・郵便受け
○ベランダ

などといった箇所の塗装もお任せください。
外構塗装の劣化は、見た目の美しさだけではありません。
木部や鉄部は長期間、雨に晒されると腐食が進行し、ポロポロと崩れてくることも…。
ベランダの手すりやお隣さんとの境目にあるフェンスが、もしも落下してきたり倒れてしまえば、大事故につながる危険もありますので充分注意が必要です。

一覧ページに戻る