屋根塗装

屋根は外壁よりも直射日光や風雨などの外的影響を受けている場所。

以前の塗り替えから10年が経っている場合、確実に劣化は進行しています。
また、外壁に気になる症状がでていれば、屋根にも同様のケースが起きていることも…。

「まだ大丈夫」という考えが雨漏りにつながる原因です。
屋根全体の工事が必要となるまで劣化が進行してしまったら、かなりの費用がかかってしまいます。
適切な時期にきちんとメンテナンスを行い、安全で快適な暮らしを維持していきましょう。

■屋根塗料の機能性

○遮熱塗料
遮熱塗料は、太陽光に含まれる近赤外線を反射させ、室内の温度上昇を防ぎます。
屋根の表面温度上昇を最大10度~15度も抑制する製品もあります。
「夏場になると部屋が暑くて寝れない」「光熱費を節約したい」という方にオススメです。

○断熱塗料
熱の伝導を抑える働きを持つ塗料。
夏場は外気の熱が屋内に伝わるのを防ぎ、冬場は室内の熱が外に逃げるのを防ぐため、一年を通して快適な室内環境をつくります。

○低汚染型塗料
排気ガスや酸性雨、砂埃などで付着する汚れを防ぐ塗料。
美観性はもちろん、耐久性も保つことが可能です。

○光触媒塗料
カビや排気ガスによる汚染を防ぐ塗料。
光を照射することで、ホルムアルデヒドなどの有害物質を分解する機能があり、環境を考えたい方にオススメ。
外壁に付着した汚れを紫外線で分解、分解した汚れは、雨水で洗い流すことができます。

○防カビ・防藻塗料
防カビ・防藻材を添加した塗料。
カビや藻はそれ自体が多くの水分を含んでいるため、外装材を痛める原因に。
日当たりの悪い立地などでは、効果が期待できるためオススメです。

一覧ページに戻る