防水工事

防水工事は、建物を雨風や紫外線から長期的に守るために行われます。
どのような建物にも必ず施されるほど、とても重要な工事の一つです。

また防水工事と言っても、その工法は様々。
経験豊富な当社であれば、建物の形状や既存の防水材との相性に合わせた、適切な施工が可能です。

さらに当社では、外壁補修工事も承ります。
外壁もいずれは経年劣化により、ひび割れや色あせなどの症状を引き起こすため、定期的なメンテナンスと補修が必要。
当社が外壁の劣化度合いを的確に判断して、快適なお住まいを守るお手伝いをいたします。

■防水工事の種類

○ウレタン塗膜防水
ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタンゴムを表面に塗りつける工法。
低コストかつ工期も短いので、あらゆる建物で取り入れられています。
シームレスな防水膜を形成していくため、形状が複雑・凹凸がある・狭い場所でも対応可能です。

○通気緩衝工法
通気絶縁工法の一つで、ウレタンゴム系防水のような既存防水層内部の水分を逃がすための工法。
この工法のメリットは、2回目の工事以降、防水塗り替え工事を安価で抑えることができます。

○シート防水
シート防水は、塩化ビニル樹脂や合成ゴムの防水シートを接着剤で張り付ける工法。
耐久・耐候性に優れており、下地に亀裂などの症状がある場合にはオススメです。
曲面や凹凸のある場所にはシート防水は不向きですが、広い面積をもつマンションやビルの屋上などには最適な工法と言えます。

○FRP防水
FRPとは、ガラス繊維強化プラスティック(Fiber Reinforceed Plastics)のこと。
最近注目されている防水材で、軽量ながら強靭、耐水・耐蝕・耐候性に優れています。
重歩行や車両走行にも耐えることができるため、木造住宅から駐車場の防水、自動車のボディパーツや太陽光発電の基礎架台など、用途は様々。
FRPを利用して出来上がった防水層は継ぎ目のない美しい仕上がりになり、軽量のため建物に負担もかかりません。
複雑な形状にも対応でき、着色も可能。ベランダの防水に主に利用されています。

○シーリング
シーリングは外壁材に見られるボード同士のつなぎ目に、ゴム状の素材を充填する工法。
建物にあるあらゆる隙間をしっかりと埋めることで、建物内部への水分の浸入を防ぐ役割があります。

■このような症状はありませんか?

○防水塗膜の剥がれ
○水溜まりができている
○ドレンが詰まっている
○ベランダや屋上の床に膨れがある(踏むとブヨブヨしている)
○亀裂・ひび割れがある

などといった症状が見られた場合は、防水層が既に劣化しています。
雨漏りや躯体部分の腐食を引き起こす前に、当社までご連絡ください。

■外壁の劣化をそのまま放っておくと?

○コンクリート部分にひび割れが発生
○水分が浸入してコンクリートが中性化→鉄筋がサビて膨張→破壊
○劣化が原因で崩落事故が発生
○給排水・電気設備への悪影響

外壁の劣化を放っておくと、最悪の場合は建て替えなどの大きな工事が必要になるケースも…。
もしも外壁にひび割れや欠けなどの気になる症状が見られる場合は、早急に当社までご連絡ください。

■外壁材の種類

○サイディング外壁
サイディングは国内の外壁材として、約80パーセントのシェアを占めています。
普及率の高い窯業系サイディングや、軽量で断熱性に優れた金属系サイディングなど、様々な種類がございます。

○モルタル外壁
砂・水・セメントを主原料として、以前から使用されてきた馴染みのある外壁材。
塗装工事・止水工事・注入工事など状況に応じた適切なメンテナンスを施すことで、耐久性を持続させることができます。

○ALCパネル
ALCパネルとは、高温で発泡加工したコンクリート外壁のこと。
軽量で断熱性・耐火性・遮音性・調湿性に優れており、近年では高い人気があります。

一覧ページに戻る